予備的貯蓄を考慮した消費資産価格モデルのHansen and Jagannathan変動境界に基づく評価 : 日本および米国データに基づく検証  [in Japanese] Consumption-Based Asset Pricing Model Considering Precautionary Savings and Hansen-Jagannathan Volatility Bounds : Application to Japan and US Data  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

Hansen and Jagannathan 変動境界(Hansen and Jagannathan bound) は, 一般化モーメント法(GMM) による相対的危険回避度の推計結果および過剰識別制約検定の結果とともに, 資産価格モデルの妥当性を確かめるための手法として用いられている。しかし時間分離可能な効用関数を用いる資産価格モデルでは, 変動境界内の相対的危険回避度の値が許容範囲(概ね10以内) を大きく超える過大な値として計算され, 消費に基づく資産価格モデル(C-CAPM) の妥当性が否定されてきた。本稿では, 予備的貯蓄を考慮した消費資産価格モデルを導入することにより, 時間分離可能な効用関数の下でも, 変動境界内の相対的危険回避度の値が許容範囲内もしくはそれに近い値として得られる点を, 日本および米国のデータを用いて確認している。

Journal

  • 国民経済雑誌 = Journal of economics & business administration

    国民経済雑誌 = Journal of economics & business administration 218(4), 1-17, 2018-10

    神戸大学経済経営学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006734922
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00090962
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-3129
  • NDL Article ID
    029340118
  • NDL Call No.
    Z3-260
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top