コンピュータを活用し、児童の相互交流が生まれる学校図書館をめざして  [in Japanese] Aiming for a School Library Where Children Interact with Each Other Using Computers  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

学校図書館は、読書センター、学習センター、情報センターとしての役割がある。学習指導要領が新しくなり、外国語が加わった。メディア構成も新しくなる。図書資料として英語のCD、DVDなども加わることから、どのようにそれらを閲覧できるように環境を整備するのかが、課題となる。課題の解決の一つの方法として、コンピュータをはじめとするメディアを配置することが考えられる。それによって、子どもたちの相互交流で作り上げる検索システムを整備することができる。子どもたちが、主体的に読みたい本を閲覧できるようにコンピュータを活用したい。

Journal

  • 人間教育 = Online Journal of Humanistic Education

    人間教育 = Online Journal of Humanistic Education 2(10), 243-252, 2019-11

    奈良学園大学人間教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006764353
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    2433-779X
  • Data Source
    IR 
Page Top