ヨーロッパ大航海時代と「 聖杯騎士伝説 」 : ポルトガル「エスタード・ダ・インディア」そして英蘭東インド会社の 世界進出における人文地理学的考察 Legend of Holy Grail's Knight in Europe's the Age of Discovery from the 14th to 17th century : Human Geographic Examination about advance to the World from Estado da Índia, to EIC and VOC

この論文にアクセスする

抄録

⼈⽂地理学会2019年⼤会,研究発表11月17日,開催地:関西大学本研究は東京大学史料編纂所における特定共同研究「モンスーン文書・イエズス会日本書翰・VOC文書・EIC文書の分野横断的研究」(モンスーン・プロジェクト、松方冬子班)の研究成果を取り入れている。

収録刊行物

  • 人文地理学会2019年大会 研究発表要旨

    人文地理学会2019年大会 研究発表要旨, 2019-11-07

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006767973
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    conference paper
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ