E-learningを活用した介護過程教授のための授業改善の成果  [in Japanese] E-learning courses to improve outcomes for teaching caring process  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

介護福祉士養成において介護過程展開の方法論は,介護が実践の科学であることから介護技術系の主要科目のひとつとして重要視され,その効果的な教授法についての教員の関心度は高い。片や一般社会のICTは目覚しく発展し,また教育活動においても様々な分野での利活用の報告を見ることができる。そこでe-learningによる介護過程の学内授業と,実習現場での介護過程の実際が統合できるような教材をめざした教育プログラムを開発して,授業改善に取り組んだ。本稿はこの教育プログラムの実践報告であり,プログラムの評価を行うものである。 そのLMSソフト「moodle」の授業用教材による双方向の授業や,機能「フォーラム」を使った演習での協調学習は,介護過程の展開の教授に有効であった。また機能「学習履歴管理システム」は,全体あるいは個人の学習履歴のポートフォリオとして,客観的な成績評価や学生の自己評価に役立った。この評価や蓄積したデータは,この後に実施される施設実習の指導用資料として活かされ,学生の実習での介護過程展開の課題として反映されることになる。そしてここではじめて授業と実習を統合したプログラムの完遂に至り,本プログラムの有用性が示されることになる。学生が常に教員とのインタラクティブな関係を求めていることは明白である。基本的に教育は教員と学生の一人ひとりが向き合って行うべきものであるとの認識を深めたが,今後はこれを念頭にICTを有効に活用した授業改善が課題となる。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Health and Welfare, Kobe Women's University

    Bulletin of the Faculty of Health and Welfare, Kobe Women's University 2, 57-71, 2010-03

    神戸女子大学

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006773738
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12385305
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18836143
  • NDL Article ID
    10622427
  • NDL Source Classification
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL Call No.
    Z71-X564
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top