アメリカ図書館協会の公立図書館基準における量的基準と小規模公立図書館 : 『公立図書館サービス』(1956)を中心に  [in Japanese] Quantitative Standards and Small Public Libraries in the Public Library Standards of the American Library Association : From Public Library Service (1956) to Minimun Standards for Public Library Systems (1966)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本論文では, 1950年代から60年代のアメリカ図書館協会の公立図書館基準の展開を明らかにする。特に量的基準に関する論点や価値判断に焦点を当て, 基準の成立過程, 系譜, 環境を重視した。検討の結果, 1956年の『公立図書館サービス』は, 基準の対象のみならず量的基準の観点でも, 画期となるものであった。当該基準を起点とする一連の基準群では, 量的基準が質的基準に規定され, 段階的な数値設定や図書館費の最低額を提示しないという特徴があった。長期に渡る論点であった小規模公立図書館の扱いが, より鮮明に争点化されるようになった。

Journal

  • 図書館界 = The library world

    図書館界 = The library world 71(5), 274-287, 2020-01

    日本図書館研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006778251
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00173287
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0040-9669
  • NDL Article ID
    030160085
  • NDL Call No.
    Z21-131
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top