プロレタリア文学にみる新しい女性像 : ファッションを視点として  [in Japanese] The New Women in the proletarian Literature : from the Point of View of Fashion  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1911年平塚らいてうを中心とした雑誌『青踏』が創刊された。以降、平塚及びそのメンバーが「新しい女」として知られるようになった。しかし、1916年終刊を機に減少した。1923年読売新聞に、自立した女性としての「モダンガール」という言葉が登場し、新しい女性像として一世を風靡した。モダンガールは従来モダニズム文学の中で認められてきたが、本稿では、プロレタリア文学に登場する女性達の装いや立居振舞、考え方を通して、この時代の新しい女性像をあきらかにした。

Journal

  • 語学教育研究論叢 = The journal of Institute for Language and Education Research

    語学教育研究論叢 = The journal of Institute for Language and Education Research (35), 59-77, 2018

    大東文化大学語学教育研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006796692
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10065440
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0911-8128
  • NDL Article ID
    028910446
  • NDL Call No.
    Z12-663
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top