金融包摂と国際送金の貧困削減効果に関する実証分析  [in Japanese] Financial Inclusion, Remittance Inflows, and Poverty Reduction in Developing Countries  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は, 発展途上国における金融包摂と送金流入の貧困削減効果について分析を行っている。分析に際しては, 金融包摂と国際送金の交差項を考慮に入れることで,金融包摂と国際送金の貧困削減に対する関係性についても検証している。分析の結果, 金融包摂と国際送金はいずれも貧困削減効果を持ち, 両変数は貧困削減に対して補完効果を持つことが明らかになった。従って, 途上国は貧困解決に向けて金融包摂を進展させる一方, 対外的には送金流入を拡大させることが望まれる。

Journal

  • 国民経済雑誌 = Journal of economics & business administration

    国民経済雑誌 = Journal of economics & business administration 219(2), 55-67, 2019-02

    神戸大学経済経営学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006811084
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00090962
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-3129
  • NDL Article ID
    029544811
  • NDL Call No.
    Z3-260
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top