Access this Article

Search this Article

Abstract

沖縄県内の各離島合わせて26島から担子菌の子実体約2,000個を採集し、その内、単離に成功した536株を沖縄高専独自の沖縄県内担子菌ライブラリーとした。また、子実体採集地周辺から1,755検体の土壌も採集し、沖縄高専独自の沖縄県内土壌ライブラリーを構築した。この2種のライブラリーからは、様々な生理機能を有する微生物を単離することに成功し、沖縄高専独自の微生物ライブラリーを構築できた。微生物スクリーニングでは、地勢や土壌特性など特定条件の土から狙った生理機能を有する微生物を得られることも多い。そのため、各離島でのサンプル採集地点を資料として公にすることは、今後のライブラリー活用の為にも意義深いと判断した。

Approximately 2,000 basidiomycetous fruit bodies were collected from 26 islands in Okinawa prefecture. The isolated 536 strains were succeeded in NIT, Okinawa college's original basidiomycete library. In addition, the soils around fruit body were collected and built 1,755 soil library. We judged it if it was significant to publicize the sample-collected spot as a document for the future library utilization.

Journal

  • 沖縄工業高等専門学校紀要 = Bulletin of National Institute of Technology, Okinawa College

    沖縄工業高等専門学校紀要 = Bulletin of National Institute of Technology, Okinawa College (14), 1-8, 2020-03-16

    沖縄工業高等専門学校

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006812300
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12200716
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2435-2136
  • Data Source
    IR 
Page Top