日本点字図書館と出版社との協働  [in Japanese] A way of publishers' donating a selection of books to the Japan Blind Library 1948‒1954  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、戦後昭和23 年4 月1 日に改称し再出発した日本点字図書館の創設者である本間の窮地を救った岩波書店と岩波書店の呼びかけによる出版社との協働の実態を明らかにした。日本点字図書館所蔵の保存資料「保存箱No. 4:墨字原本寄贈」を調査した結果、点訳用選定委員会が選定した選書合計565 冊の照会は、全9 回にわたり、全国出版協会及び日本出版協会関係の合計109 社に届けられていたことが判明した。This paper reported the publishers' approval for an Iwanami plan in the Japan Blind Library 1948‒1954. An investigation revealed several possibilities. One of these possibilities was that 109 publishers could donate a selection of 565 books to the library.

Journal

  • 実践女子大学短期大学部紀要 = Jissen Women's Junior College Review

    実践女子大学短期大学部紀要 = Jissen Women's Junior College Review (41), 53-74, 2020-03-09

    実践女子大学

Codes

Page Top