大阪府立中之島図書館蔵『(増刊校正王状元集注分類)東坡先生詩』の書誌的考察 : 東坡詩の抄物の受容と展開の一例  [in Japanese] Bibliographic Study of The Poems of Su Dong-po Compiled by Wang Shi-peng in the Collection of Osaka Prefectural Nakanoshima Library  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本資料(全二五巻、二八冊)は、東坡詩の諸本・諸注の中で最も流布した「王状元集注本」の元代の刊本で、日本に齎された後、五山寺院内で訓点とカタカナによる注釈(仮名抄文)が稠密に書き入れられた、書入れ仮名抄である。仮名抄文は主に、近世初期の著名な学僧、文英清韓〔?~?元和七(一六二一)年、寛永頃〕が師の文叔清彦から東坡詩を受講した際のものと推測できる。本稿では、幾度も補修・補入を重ねている資料の書誌的特徴を報告し、抄物の原典やその元になる講義が、天正期には伝授・伝領の対象となる性格を有していたことを指摘した。

Journal

  • 人文学

    人文学 (205), 147-167, 2020-03

    Alternative:The Literary Association, Doshisha University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006843083
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00122832
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0447-7340
  • NDL Article ID
    030364282
  • NDL Call No.
    Z22-444
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top