バトン型コミュニケーションによるボトムアップな人的交流誘発の試み  [in Japanese] Attempt to Induce Bottom up Human Interaction by Baton-type Communication  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

本研究ではコワーキング・スペースやファブラボのような,利用者がそれぞれの個人作業を遂行しつつ,同時にその利用者同士がコミュニケーションして,ボトムアップに共創作業を開始する事が期待されている場を想定し,初対面者間のコミュニケーションを促進するための支援メディアを提案する.具体的には,お題のバトンをリレーのように次々と回していくようなバトン型コミュニケーションを行うためのチャットシステムを開発した.バトン形式にすることで,お題を渡した時の名指しの効果により回答の強制力がうまれ,場の運営者からのトップダウンの介入なしで,利用者間のコミュニケーションが促進されることが期待できる.基礎的な実験を行ったところ,バトン型コミュニケーションでは発言の強制力が働き,またユーザ間の発言が比較的均等に回ったことが確認できた. : This study proposes communication support media for users in sharing workspace such as coworking space and Fab Lab. These users are expected not only to pursue individual works but also to perform mutual communication and to start co-creative work in bottom up manner. Concretely, we developed chat system for baton-type communication which users are supposed to pass the topic baton around in relay style. By using the baton format, users would be forced to post answer message and be prompted to take communication without space manager's top-down intervention. Preliminary experiment results shows that communication was enforced and equality of posts was relatively maintained in baton-style communication.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. GN, グループウェアとネットワークサービス

    情報処理学会研究報告. GN, グループウェアとネットワークサービス 2020-GN-110(3), 1-7, 2020-03-09

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006845997
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    2188-8744
  • Data Source
    IR 
Page Top