補集合的知識としてのゴミによるアイデア創出支援~プラスチックモデルの改造を対象として~  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

プラスチックモデル制作において,完成度を向上させるために組立て説明書には記載されていないような改造を施す場合がある.そのための知識や技能を提供する手段として,書籍による解説や,イベント・コンテスト・SNS での制作者同士の交流などが一般的に行われてきた.しかし,そもそもどのようなプラスチックモデルを制作するかという改造案を新規に発想することを支援するための手段は無い.そこで本研究では,改造案を思いつくことができない制作者を対象に,プラスチックモデルの新規な改造案の創出を支援することを目的として,他の制作者(特に上級者)によるプラスチックモデルの制作過程で生じる不用物(主にキットに付属していたパーツ以外の素材)を提示し,これをヒントとして改造案の案出を支援する手法を提案する.架空の不用物を用いた予備実験にて,不用物のアイデア生成における有効性が示唆された.本実験においては,実際の制作において産出された不用物がアイデア生成に有効であるかを検証した結果,不用物は既存のメディアと併行して使われ,被験者独自の改造案を創出することを支援していることが示唆された. : In the making of plastic models, modifications that are not described in the assembly manual are applied to remodel completed version. Guidebooks, communication events for producers, contests, and SNS are common means to gain knowledge and skills for that purpose. However, there are no means to support the idea generation of a new remodeling plan of what kind of plastic model to create in the first place. Therefore, this research, aimed at assisting the creator who cannot come up with the original new remodeling plan of the plastic model. This paper proposes a method of presenting the waste (materials which are not built in output) generated by other creators (especially advanced users) as a hint to support the creation of a remodeling plan. Preliminary experiments by using fictitious waste suggested that the idea generation was effectively supported. In the experiment in actual context to verifying whether or not the unused materials are effective for generating ideas, it was suggested that the unused materials were utilized in parallel with the existing media to create a unique remodeling plan.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション 2020-HCI-187(11), 1-8, 2020-03-09

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006846001
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    2188-8760
  • Data Source
    IR 
Page Top