意図的に埋め込まれたバグによるプログラミング学習支援  [in Japanese] A Support Method for Learning Programming by Intentionally Embedding Bugs in Sample Codes  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

企業の ICT 新人研修において,プログラミング教育が行われている.その教育に 2 つの問題が発生している.プログラミング教育における知識の定着率の格差と社内講師の本来業務に割く時間の減少である.プログラミング学習支援システムはこれまでに多く開発されてきた.しかし,この問題の根本的な原因は,従来の学習方法が「受動的な学習」となっていることにあるのではないかと我々は考えた.そこで本研究では,学習教材に誤情報を混入し,これを正しく修正する学習を行わせることで,受動的な学習を回避し,能動的な学習を促す e-ラーニングシステムを提案する.本稿では,実装したシステム BugTutor について述べると共に,これまでに実施したユーザスタディに基づく提案手法の有効性の検証結果を報告する. : There are two issues with programming training for new employees in ICT companies: low retention rate of knowledge once learned and wasting the instructor's time. Various learning support systems of programming have been developed so far. However, they could not solve the above-mentioned issues because of their passive learning characteristics. Therefore, in this research, we proposed a novel e-learning system that promotes active learning by embedding some bugs in learning materials and letting the learners correct it. This paper describes "BugTutor," which we developed and shows the results of user studies.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション

    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション 2020-HCI-187(12), 1-6, 2020-03-09

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006846006
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    2188-8760
  • Data Source
    IR 
Page Top