Access this Article

Search this Article

Abstract

土石流の発生には降雨による水の供給とともに,土石流材料となる土砂の存在が必要である。そのため土石流の発生予測には土砂生産(種類やタイミング)とそれに伴う不安定土砂の堆積状況の変化を把握する必要があるが,それらに関する研究事例は少ない。そこで,本研究では大規模崩壊地である富士山大沢崩れにおける山腹からの土砂生産及び渓床堆積物の量に注目し,土砂生産プロセスとその特徴,および生産された土砂の渓床での堆積厚と土石流発生箇所の関係の解明に向け,既往の航空レーザー測量成果の解析を行った。

Journal

  • 中部森林研究 = Chubu forestry research

    中部森林研究 = Chubu forestry research (67), 101-104, 2019-05

    中部森林学会事務局

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006860216
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11252339
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1342-971X
  • NDL Article ID
    029813062
  • NDL Call No.
    Z18-2934
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top