食品ロス研究に関する総説  [in Japanese] A Review on Food Waste Studies  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

食品ロス/Food loss and waste (FLW) に関して, 家庭系を対象とした量的研究に焦点を当ててサーベイを行った。食品ロス/FLW は各国で定義が異なっているので,国, 機関による定義の違いを, 可食性, 排出段階, 排出後の処理方法の観点から,整理した。報告されている食品ロス/FLW は食品廃棄物に対して, 重量で35%~60%と大きな割合を占めているが, 金額評価した報告は限られていた。食品ロス/FLW の中で大きな割合を占めるのは野菜・青果であることはこれまでの報告で一致している。食品ロス/FLW の排出メカニズムに関しては, 所得が高いほど排出量が多く, 子供同居家計の排出が多いとする研究が多いが, 有意ではなかったとする報告もあり, さらに研究を深める必要がある事がわかった。

Journal

  • 国民経済雑誌 = Journal of economics & business administration

    国民経済雑誌 = Journal of economics & business administration 220(3), 1-16, 2019-09

    神戸大学経済経営学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006888541
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00090962
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-3129
  • NDL Article ID
    029993642
  • NDL Call No.
    Z3-260
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top