英国人女性画家エブリン・ダンバーの描いた戦時のガーデニングとジェンダーをめぐる文化地理学  [in Japanese] Cultural Geography of War artist Evelyn Dunbar, gardening and gender  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年、英国では、英国人女性画家エブリン・ダンバー(1906-1960)の作品が再発見され、彼女の作品についての再評価が高まっている。このような英国の研究動向を概観しながら、本稿ではエブリン・ダンバーのライフヒストリー/ライフジオグラフィーを紹介する。さらに、彼女が第二次世界大戦中に、公式戦争画家として描いた銃後を守る女性農耕部隊についての作品から、彼女の描いた戦時のガーデニングとジェンダーの文化地理学に焦点を当てて考察する。

Journal

  • 神戸山手大学紀要

    神戸山手大学紀要 (19), 49-68, 2017

    神戸山手大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006953345
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11431917
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1345-3556
  • NDL Article ID
    028844507
  • NDL Call No.
    Z71-E279
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top