保育実習前後の目標達成に対する自己評価-セルフ・ハンディキャッピングからの検討-  [in Japanese] Self-evaluation for the Personal Goals Before and After Childcare Training― Examination from Self-Handicapping―\n  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

短期大学部2年生138名の保育実習Ⅱの実施前に立てた3つの目標の内容とその目標達成の自信,実習後の目標達成度の自己評価について分析し,セルフ・ハンディキャッピングとの関連からその傾向を検討した.その結果,学生は「自分の態度・意識について」を目標として掲げやすいことが明らかになった.保護者対応や部分・責任実習の自信は低く,目標達成度は70%程度であったが保護者対応については達成度が低かった.目標達成の自信と達成度はおおよそ一致していることが示された.しかし,セルフ・ハンディキャッピングと目標設定傾向との関連はほとんどみられなかった.

Journal

  • 鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021

    鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要第4号 2021 = Journal of Suzuka University and Suzuka Junior College Vol.4 2021 (4), 25-34, 2021-04-01

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120007003537
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2435-6530
  • Data Source
    IR 
Page Top