市民の要望する化学工場の安全情報に関する調査 QUESTIONNAIRE SURVEY AND CONSIDERATION ON SAFETY INFORMATION FROM A CHAMICAL PLANT DESIRED BY INHABITANTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学工場は外部に影響を及ぼす事故の可能性があるので,住民に不安感があることは事実である.したがって,安全・安心な工業社会の確立に向け,工場のリスクに関するコミュニケーションが重要であり,そこでは住民が望んでいる情報の提供が必要である.本研究では,工場と住民の間のリスクコミュニケーションを円滑に進めるため,住民が望んでいる情報,提供の方法などを,化学産業が比較的多く立地している都府県の1,500人を対象としたweb方式アンケート調査によりまとめた.その結果,住民は化学的・技術的情報より,事故防止策や発災時の行動に関する情報を求めていること,被害としては後遺症となるものを懸念していることがわかった.また,情報は工場から直接入手したいと考えていることもわかった.

It is true that inhabitants are anxious about chemical plants because it has the possibility of the accident which has an influence to outside. Therefore, the risk communication on the plant risk plays important role to establish the safe and ease industrialized society. For smooth risk communication, information desired by inhabitants shall be transformed towards them. The present study concerns information and transform process desired by inhabitants. The questionnaire survey with 1,500 respondents is completed through internet web. As the results, they desire the information not on chemical and technical issue but on protective measure against accident and recommended action in case of emergency. It is also shown that they request to receive the information directly from the plant.

収録刊行物

  • 社会技術研究論文集

    社会技術研究論文集 3, 146-154, 2005

    社会技術研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000064368
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    1349-0184
  • NDL 記事登録ID
    7986789
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-L593
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ