原子力をめぐる社会意思決定プロセスの検討:巻町と北海道の発電所立地事例研究 Social Decision Making Process for Siting of Nuclear Power Plants in Japan:Case Studies on Maki-machi and Hokkaido

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は原子力政策の是非を問うものではないが,その立地問題に関する地方自治体での新しい意思決定プロセスの事例研究を通して,エネルギー技術導入に関する意思決定プロセスの質の向上に貢献することを目的としたものである.事例には,新潟県巻町の立地中止事例と北海道の発電所増設事例を取り上げた.分析の結果,(1)法や制度による「公式」のプロセスと,そうでない「非公式」プロセスの全体をとらえることの重要性,(2)最終的な意思決定に至るまでの「中間プロセス」における選択肢の評価,社会的学習,課題設定の更新などの役割への注目,(3)「手続き的公正」の重要性,(4)プロセスの目的や方法についての共通了解の重要性,(5)意思決定の「場」の設定のあり方への注目,などの知見と示唆が得られた.

This paper looks at new social decision making processes in Japanese local community in dealing with nuclear power plant siting and draws lessons for future processes, but not intended to analyze nuclear policy itself. The paper analyzes two cases; one is Maki-machi in which nuclear project was cancelled, and the other is Hokkaido in which siting of new plant was allowed. The major findings are: (1) both "formal" (legally binding, or institutionalized by law) and, "informal" process should be taken into account for analysis, (2) social learning, evaluation of options and renewal of agenda, are the notable functions, (3) "procedural fairness" is important, (4) common understanding of objective and approaches is a key factor, (5) who and how to set up "decision making arena" is an issue to be studied.

収録刊行物

  • 社会技術研究論文集

    社会技術研究論文集 3, 165-174, 2005

    社会技術研究会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000064370
  • 本文言語コード
    UNK
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1349-0184
  • NDL 記事登録ID
    7987019
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-L593
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ