不確実性の分類とリスク評価:―理論枠組の提案― TAXONOMY OF UNCERTAINTIES AND RISK EVALUATION : A PROPOSAL OF THE THEORETICAL FRAMEWORK

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では, 種々の社会的リスクについて議論するための意思決定論的枠組を提供する. 筆者らには, これまでの伝統的リスク解析研究者, リスク社会学者, 予防原則を擁護する人々の間では, 社会的リスクに関連する環境の不確実性をどのように把握して, 考察するかということに関して, 共通の認識枠組がないように思われる. 本論文では, 不確実性を, 意思決定主体の環境の構造によって分類して, これらの社会的リスクに関わる問題がどのようなものであるかを, 不確実性下の意思決定問題として検討する. また, 本論文で提案する理論枠組が, 今後の社会的安全のための技術の一過程としてのリスク評価にどのような応用的含意があり得るのか考察を行う.

We propose a decision theoretic framework for evaluating uncertainties of several societal risks in society. There are controversies on the theoretical discussions about uncertainties related to the societal risks among scientists, sociologists, and also, possibly, the populace. In the present paper, we propose taxonomy of the uncertainties from the standpoint of the environmental structure of decision makers, and examine the social risk problems as decision making problems uncertainties using it. We also discuss practical implications of our framework for risk evaluation as a process of social technology for social safety and security.

Journal

  • SOCIOTECHNICA

    SOCIOTECHNICA 2, 12-20, 2004

    Sociotechnology Research Network

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000064384
  • Text Lang
    UNK
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-0184
  • NDL Article ID
    7738249
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-L593
  • Data Source
    CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top