市民参加による循環型社会の創生をめざしたステークホルダー会議の評価 EVALUATION OF NAGOYA STAKEHOLDER CONFERENCE AIMED FOR THE REALIZATION OF ENVIRONMENTALLY SOUND MATERIAL-CYCLE SOCIETY BASED ON CITIZENS' PARTICIPATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では, 科学技術振興機構の社会技術研究プログラム「循環型社会」において採択された「市民参加による循環型社会の創生に関する研究 (2002~05年) 」として2002~03年度に実施した「ステークホルダー会議」を報告し, その結果の評価を試みる. 本研究では, 市民参加プロセスとして参加型会議「ハイブリッド型会議」を採用した. ハイブリッド型会議はステークホルダー会議と市民パネル会議から構成される. ステークホルダー会議では, 名古屋のごみ減量化取組に係わった多くのセクターの代表者の参加の下, 目指すべき循環型社会を考えるための多様な論点を検討し, それを評価軸に用いて名古屋のごみ減量化取組の評価を行うとともに, 更に名古屋が目指すべき循環型社会を具体的に検討するための要件を抽出した.

The authors advance the research for the realization of an environmentally sound material-cycle society based on citizens' participation from 2002 to 2005.. “Forum for creating environmentally sound material-cycle society based on citizens' participation” has hybrid system which one is stakeholder conference, another is citizens' panel conference. In this paper, we evaluate the stakeholder conference. Stakeholders discussed several important points for which environmentally sound material-cycle society is explored, then, they evaluate Nagoya's efforts to reduce wastes. At last, they compile elements of it. As a result, we found that elements showed by stakeholders were considerably different from those of experts and the administrations, and provisions of Basic Law for Establishing a Recycling-Based Society.

収録刊行物

  • 社会技術研究論文集

    社会技術研究論文集 2, 49-58, 2004

    社会技術研究会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000064388
  • 本文言語コード
    UNK
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1349-0184
  • NDL 記事登録ID
    7738318
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-L593
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ