地域診療情報連携システムにおける臨床情報の要約およびコミュニケーション  [in Japanese] Medical information summrize and communication on medical information sharing system  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 八幡 勝也 Yahata Katsuya
    • 産業医科大学産業生態科学研究所作業病態学 Department of Work Systems and Health<br>Institute of Industrial Ecological Sciences<br>University of Occupational and Environmental Health, Japan

Abstract

地域診療情報のシステム化は2000年以降様々な取組が試みられた。しかし、その内容及びコミュニケーションからの検討はほとんど試みられなかった。そこで今まで筆者が構築した3例の医療情報連携システムを対象に要約手法およびコミュニケーションの視点で、評価を行った。その結果、情報の受信者の行動変容につながりやすい情報を構築し、それを簡便な方法で利用できる事が重要であると考えられた。行動変容につながりやすい情報としては、受信者である医師が対象患者に行うべき医療行為につながる情報として、報告書およびサマリーが対象となる。また、利用メディアとしては紙のような安価且つ利用に制限が少ないメディアが、受信者にとって利用の条件をあまり受けない媒体として有用であると考えられる。IT技術および専門家により効率的に収集・要約され、診療に直接結びつく情報を紙に出力して利用する事が地域医療連携において有用と考えられる。

Local area medical information sharing systems ware tried after 2000. However, evaluation from the contents and the communication was hardly made. Evaluation was done targeting the system of 3 example made until now in the summary technique and the point of view of the communication.In result, it clear the importance of the information that was easy to be connected with the behavior transfiguration of the receiving person, it was available in the simple and easy method as a result.A report and a summary are made the target as the information that is easy to be connected with the behavior transfiguration as the doctor who is a receiving person should do to the applicable patient. Paper is useful as a simple and easy method as a medium which the condition of the media literacy of the receiving person.

Journal

  • Japanese Journal of Applied IT Healthcare

    Japanese Journal of Applied IT Healthcare 3(2), 78-84, 2008

    Japan Association of Applied IT Healthcare

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000070092
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1881-4808
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top