電子文献の参照をどう書くか  SIST 02補遺の公刊にあたって Description of bibliographic references of digital sources. Release of SIST 02 Supplements.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

電子文献は従来の紙文献と異なる特質を持つ。安いコストでだれもが情報を発信できる反面,その文献の帰属先を特定しにくい,参照したときのロケーションが変わったり,時に消失することもあるなど,参照にあたっての留意すべきことがある。電子文献を紙文献と併せて参照する基準として,SIST 02と整合する「補遺」のかたちで「電子文献参照の書き方」が作成された。2001年秋には公刊される。基準作成にあたっての基本的考え方を述べ,記述の例を示した。電子文献はいま変化の最中にあり,その中で参照記述の基準が使われながらリファインされることが期待される。最後に国際基準との関連について触れた。

Electronic documents have different features from those of ordinary paper documents. While electronic documents are sent to anybody at less cost, their sources are unlikely located definitely. It is because locations referred to vary, or sometimes have gone away. So that there are some items to be reminded when ones refer to sources of electronic documents. As a standard for referring electronic documents SIST 02 Supplements were made called Description of Bibliographic References for Digital Sources, which are complied with SIST 02. Then ones are allowed to make references description of paper and digital sources according to them. The standard will be issued publicly in Fall of 2001. The author describes basic thought in making the standard, and examples of description. Digital sources are in the midst of changing, so that it is anticipated that the standard will become refined in the course of ones' using it. Some relation to the equivalent international standard is mentioned.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 44(7), 470-477, 2001

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000071469
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    5919201
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般) // ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ