情報部門のアグレッシブな挑戦  機能的な情報部門の検討:―機能的な情報部門の検討― Aggressive challenge of information divisions. Study on how to make functional information divisions.:-Study on how to make functional information divisions-

この論文にアクセスする

著者

抄録

「情報部門のアグレッシブな挑戦」について,平成12年度科学技術振興事業団前東京支所TOPIC分科会において研究を行った。情報部門を取り巻く情報環境は変化しており,インターネットは,ユーザ自らで簡単に必要な情報を検索して得ることができるという便利さがあるが,同時に情報部門不要論をもたらすなど弊害もある。情報部門の組織体への貢献度を,経営者へ正確に,適格なルートでPRしていくとともに,情報専門職側もコスト意識を持ち,顧客拡大に努め,新サービスの創出やプロジェクトイン型の参画などを試みることが肝要である。外部ヒューマンネットワークを活用し,インターネットを情報専門職の強い見方として有効に活用し,ユーザの問題を解決するなど組織に貢献し,情報部門としてアグレッシブに存続していくことが重要である。

The group of one session of TOPIC organized by JST Tokyo Branch Office for the year of 2000 had studied the theme “Aggressive challenge of information divisions” throughout the year. Information environment surrounding information divisions of firms are changing. The Internet brings us convenience of searching information we need very simply while it brings some dispute over that information divisions might be not required any more if they remain the same as used to be. In this connection we, information personnel, have to get the management to be aware properly and right way that information divisions really contribute to firms or organizations they are affiliated with, and at the same time have to have cost oriented mind, endeavor to get more customers, create new services and take part in projects. It is indispensable for us to utilize human links we have, to effectively use the Internet as a means for information personnel, to contribute to the firms or organizations by solving problems our customers are encountering. It is a way of our surviving.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 44(4), 265-273, 2001

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000071498
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ