1年を経たMITのオープンコースウエア MIT's open course ware after one year

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マサチューセッツ工科大学は2001年にそのすべての授業資料をWeb上のオープンコースウエアに無料で公開すると発表し,2003年にはそこで提供されるコース数が500を超えるまでになった。MITがオンライン教育をどのように作り出し,提供できるか,財政面での実行可能性,持続可能性,プログラムの目標をもとに検討し,次にe-ラーニングの展望,市場調査とビジネスモデルの作成,などを研究するなど,オープンコースウエア(OCW)の実現までの過程を述べた。そしてOCWの資金調達,それへの教員の参加,オンライン授業教材の知的所有権の問題,OCWの利用者,OCWのコースについて紹介する。

Massachusetts Institute of Technology (MIT) announced in 2001 that it would make available over the web for free the teaching materials of all the courses taught at MIT. In 2003 the number of courses from virtually exceeded 500. First the author describes the process leading to the Open Course Ware (OCW); studies on how MIT created and provided online education financially viable and sustainable way, and in terms of the program objectives, and studies on e-learning prospect, marketing research, business models, so on. Then he introduces OCW funding, the faculty involvement, copyright of the teaching materials on the Web, OCW users, OCW courses.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 46(12), 797-803, 2004

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000071656
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    翻訳
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    6861058
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般) // ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ