国内科学技術系学会誌の投稿規定の分析:参照文献の記述,著作権を中心として(II) An analysis of the contribution rules of Japanese academic journals in the field of science and technology: Mainly about description of bibliographic references and copyright (II)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

国内科学技術分野の学会の投稿規定は,近年の電子ジャーナル化や電子投稿の増加などによりその形態や内容が変化している。最近の投稿規定の現状,特に参照文献の記述および著作権について把握するために,127学会の199誌の投稿規定を収集し,論文の長さなど18の記載項目を調査分析し,過去の調査結果と比較した。前稿では,投稿規定の概要と11項目の分析結果を報告した。本稿では前稿に引き続き,7項目を詳細に分析し,投稿規定ならびに著作権規定の標準化と,参照文献の書き方の普及の必要性を考察した。

Contribution rules of the academic journals in the science and technology field are changing with the increases of electronic journals and electronic contributions in recent years. The purpose of this report is to get current status of the contribution rules, especially about references and copyright. The author collected the contribution rules of 199 journals of 127 academic societies, analyzed the details of the 18 written items such as the length of an article, and compared them with the results of the past survey. The previous report showed the outlines of contribution rules and the analysis of 11 items. The detail analysis of other 7 items are presented in this report. The author concluded the necessity for standardization of contribution rules and copyright regulations, and spread of description of bibliographic references.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 48(11), 723-734, 2006

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000072017
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    7811144
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般) // ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ