国内人文・社会科学系学会誌の投稿規定の分析(I) An analysis of the contribution rules of Japanese academic journals in the field of humanities and social science (I)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者は2005年本誌で科学技術分野の投稿規定の分析調査結果を発表した。今回は人文・社会科学分野167学会の学会誌172誌の投稿規定を収集して,論文の長さなど18の記載項目の内容を詳しく調べ,昨年の科学技術分野の調査結果と比較し,人文・社会科学分野の学会誌の実態や特徴を分析した。また,1997年に寺村由比子が行った投稿規定による分野別特徴の調査結果とも比較し,最近の電子化に伴う変化を探った。本稿では,投稿規定の概要と投稿者の資格など11の記載項目の分析結果を報告する。他の7項目と本調査の考察は次稿で報告する。

The author reported the survey on the contribution rules of the Japanese academic journals in the field of science and technology in this journal in 2005. This time, the author collected the contribution rules of 172 journals of 167 academic societies in the field of humanities and social science, analyzed the details of the same 18 written items, and compared them with the results of the last survey and the similar study reported by Yuiko Teramura in 1997. The purpose of this report is to get current status and differences of the contribution rules in these fields under the degitalization. This report shows the outlines of contribution rules and the analysis of 11 items. The analysis of other 7 items, and consideration about this survey will be provided in next report.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 49(10), 564-575, 2007

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000072260
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    8598239
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般) // ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ