日本におけるオープンコースウェアの現状と課題・展望 Current status, issues and perspective of Opencourseware in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 福原 美三 FUKUHARA Yoshimi
    • 慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構;日本OCWコンソーシアム Research Institute for Digital Media and Content, Keio University; Japan Opencourseware Consortium

抄録

オープンコースウェア(OCW)はMITが2001年に開始した「大学で正規に提供されている講義についての情報のインターネットによる無償提供」である。日本では2005年5月に大阪大学,慶應義塾大学,京都大学,東京工業大学,東京大学,早稲田大学の6大学で一斉に本取り組みを開始した。日本でのOCW活動は本年の4月に日本オープンコースウェアコンソーシアムが設立され,試行の段階から本格普及を目指す段階に入った。本稿では活動の現状を紹介するとともに,これまでのほぼ1年間での取り組みを通じて明らかになった課題・展望などについて述べる。

Opencourseware is a free and open publication of normal course materials through the Internet, which has been originally promoted by MIT since 2001. In Japan OCW has been started since May, 2005 among six major universities, which are Keio Univ., Kyoto Univ., Tokyo Institute of Tech., Osaka Univ., Univ. of Tokyo and Waseda Univ. This April Japan Opencourseware Consortium (JOCW) has been established and Japanese OCW has been entered into the second stage. In this paper current status, some issues and perspectives are described.

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 49(6), 301-312, 2006

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000072367
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    8047076
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般) // ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ