大学図書館における電子リソース・サービスの推進  ―九州大学附属図書館のコンテンツ整備・きゅうとサービス・組織再編―:―九州大学附属図書館のコンテンツ整備・きゅうとサービス・組織再編―  [in Japanese] How to promote e-resource services in academic libraries Contents, services, and library development in Kyushu University Library:Contents, services, and library development in Kyushu University Library  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 渡邊 由紀子 WATANABE Yukiko
    • 九州大学附属図書館コンテンツ整備課電子情報係 Electronic Resources Management Section, Contents Division, Kyushu University Library

Abstract

大学図書館が電子リソース・サービスを推進するために必要なことについて,九州大学附属図書館の事例に基づき提案する。コンテンツの整備では,コレクション構築のための財政基盤の確立とそれに伴う図書館の責務を自覚することが重要である。利用環境の整備では,ナレッジベースを構築し,リンクリゾルバ,電子ジャーナル集,OPACといった電子的サービスを相互に連携させることで,電子ジャーナルの視認性を向上することが可能になる。電子リソースの最大限の利用を促進するためには,電子リソース担当体制の強化が必要であり,従来の枠組みを超えた図書館組織の再編・整備を検討すべきである。

This paper describes how to promote e-resource services in academic libraries based on the case of Kyushu University Library. It is necessary for contents development to establish the financial base for e-collection and be conscious of a library’s responsibility to the users. The knowledgebase management and the combination of electronic services, such as OpenURL link resolver, A-to-Z list, and OPAC, are effective for enhancing visibility of e-journals. For the maximum use of e-resources, academic libraries should be reorganized with integration of management, service, and technical sections specialized in e-resources.

Journal

  • Journal of Information Processing and Management

    Journal of Information Processing and Management 50(6), 343-353, 2007

    Japan Science and Technology Agency

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000072420
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116534
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL Article ID
    8895505
  • NDL Source Classification
    ZM1(科学技術--科学技術一般) // ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL Call No.
    Z14-375
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top