「新羅之記録」書誌解題稿  [in Japanese] The bibliography of "Shinrano Kiroku"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 新藤 透 Shindo Toru
    • 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程 The Tsukuba University graduate school library information media graduatecourse docter latter period course

Abstract

『新羅之記録』は,中世・近世初期の蝦夷地(北海道)の様子を今日に伝えている唯一の史料である.明治後期から北方領域を研究する歴史家は,必ず使用してきた史料であり,その重要性は今日でも変わらない.『新羅之記録』は,貴重な史料ではあるが,編纂者が近世期の蝦夷地の大名である松前氏の一族,景広であることから,松前氏の蝦夷地統治が歴史的に正統性を持つように,故意に史実を解釈しているのではないかと指摘されている.それ故,『新羅之記録』自身の史料研究が不可欠であるが,今まで行われてこなかった.小稿では,『新羅之記録』の写本を収集し,書誌事項を明らかにし,簡単ではあるが分類整理を行った.その結果,近代に写本が多く作られ,流布したことが判明した.また,簡略ではあるが写本の系統がみえてきた.更に内容まで踏み込んでの検討が必要ではあるが,その前段階の研究を行ったものである.

" SHINRA NO KIROKU " is a history at the MATSUMAE HAN which was edited in 1646.It became the only historical records which tell history in Hokkaidou in the Middle Ages and the early stages of the modern times in the present and a lot of researchers used. However, it doesn't become in the clarifying about whether or not equal to or more than 10 kinds of manuscripts exist and what " SHINRA NO KIROKU " is related mutually. It found that a lot of manuscripts were made from this paper in the recent times after gathering most manuscript.

Journal

  • Journal of Information and Media Studies

    Journal of Information and Media Studies 3(1), 1-10, 2004

    Japan Society for Information and Media Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000077386
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11845126
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1348-5857
  • NDL Article ID
    7371232
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z71-K73
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top