構造モデル化手法の社会問題への適用:原子力発電所トラブル隠しを題材に Application of Structural Modeling Analysis to Social Problems:For Falsification Issues at Tepco's BWR Plant

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 堀井 秀之 HORII Hideyuki
    • 社会技術研究システム ミッション・プログラムI|東京大学大学院工学系研究科 社会基盤工学専攻 Mission Program for Safe Society|University of Tokyo, Faculty of Engineering

Abstract

著者らは、昨年発覚した原子力発電所トラブル隠し等の信頼失墜に至った不祥事の背景・要因の分析を実施している。調査では、問題の全体像を把握し、本質的な要因を抽出することを目指している。本稿では、研究開始時に、方針や方向性を検討するために実施した問題の全体像の把握手法について紹介する。分析の材料としては、原子力発電所トラブル隠しに関する新聞記事を用い、分析手法としては構造モデル化手法を採用した。この手法により、問題の構造を表わす図を描くことができ、問題分析の方向定め、またインタビュー調査において情報を抽出する上で有用であることが確認できた。

The authors have been carrying out a research to find the background and cause of falsification at Tepco's Nuclear Power Plant. The research aims at grasping the whole figure of the problem and finding the fundamental cause through in-depth interview survey. This paper presents a method to grasp the whole figure of the problem which is employed at the beginning of the research to identify its direction. Structural modeling analysis is carried out with newspaper articles on the falsification issues. The method provides a figure which presents the structure of the problem. It is confirmed that the presented method helps to identify the direction of the research and to extract information in the interview survey.

Journal

  • SOCIOTECHNICA

    SOCIOTECHNICA 1, 16-24, 2003

    Sociotechnology Research Network

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000135429
  • Text Lang
    UNK
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-0184
  • NDL Article ID
    7732420
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-L593
  • Data Source
    CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top