没入型会話空間における知識共有 Information Sharing in Immersive Conversational Space

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿では,没入環境において利用者と仮想人物が会話することによって,事故や災害などの安全に関する知識を体験的に得ることができるシステムについて述べる.本システムでは,利用者が大地震などの災害が起こった都市空間に参加して,仮想的な住人と会話することで,災害時に苦労した体験や,どのような教訓が得られたかを聞くことができる.本稿では,没入型会話空間の概念を説明すると共に,システムを構築するために必要となる対話生成技術について述べる.

This paper describes the information sharing method in immersive conversation space. The system generates the virtual city after the disasters such as a big earthquake and fires. Users can obtain various knowledges through conversations with habitats in the virtual city. We also describes the example-based conversational gesture generation.

Journal

  • SOCIOTECHNICA

    SOCIOTECHNICA 1, 116-122, 2003

    Sociotechnology Research Network

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000135440
  • Text Lang
    UNK
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-0184
  • NDL Article ID
    7732595
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-L593
  • Data Source
    CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top