腰痛に対する運動器リハビリテーション  腰痛性疾患にみられる「コルセット筋」の筋力低下と簡便な座位トレーニング Weak corset muscle strength and its static training in the patients with LBP

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

腰部・下肢症状を有する外来患者49例で,用手的筋力測定装置により座位において躯幹の引き起こし筋力を測定したところ,無症状対照群の平均値,男性116N,女性78Nに対し,男性17例で86N,女性32例で64Nと著明に低下していた.外来で座位で躯幹を後傾させる,あるいは後傾させて両足をあげるなどの極めて簡便な「コルセット筋」訓練を指導し,経過を追って測定したところ,女性15例で51Nから78Nへ,男性9例では平均69Nから95Nへとそれぞれ筋力は増加し,これら24例のうち17例で腰痛や神経症状の改善が認められ,また病態や治療に対する不安感が大きく減少していた.内外腹斜筋,腹横筋,多裂筋など腹腔周囲「コルセット筋」の持続運動や筋力強化は慢性腰痛の予防と治療のみならず,腰椎由来の神経症状の治療や "ぎっくり腰" の予防にも有用であり,また筋力の即時数値評価は患者の訓練に対するコンプライアンスを高めるのに効果的であった.

A handy dinamometer (Microfet<sup>®</sup>) has been introduced to measure the muscle strength in 49 patients with low back pain, cauda equina symptom or radicular pain, and in 35 asymptomatic controls. In sitting position , the “corset muscle” strength to raise up the trunk from 15 degrees posteriorly inclined position was measured. The mean strength of the controls were 116 Newton in males and 78N in females. The initial mean strength of the patients were 86N in 17 males and 64N in 32 females. In followed up patients, after introducing the simple muscle exercises in sitting position, these “corset muscle” strength has increased from 69N to 95N in 9 males and 51N to 78N in 15 females, and not only low back pain but also neurological symptoms due to several lumbar diseases and psychological factors has improved in 17 out of these 24 patients. The instant handy measurement of the muscle strength and simple muscle training were very useful in encouraging the patients to fight upon their pain.

収録刊行物

  • 日本腰痛学会雑誌

    日本腰痛学会雑誌 13(1), 52-57, 2007

    日本腰痛学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000137307
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11488721
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1345-9074
  • NDL 記事登録ID
    9263970
  • NDL 雑誌分類
    ZS35(科学技術--医学--外科学・整形外科学・麻酔学)
  • NDL 請求記号
    Z19-B834
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ