潜在的・顕在的自尊感情と仮想的有能感の関連 Implicit and Explicit Self-esteem Discrepancy and Assumed Competence

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,他者軽視および顕在的自尊感情と,潜在連合テスト (Implicit Association Test; IAT) によって測定された潜在的自尊感情との関連を検討することによって,仮想的有能感の特徴を明らかにすることであった。研究1では大学生119名に対し,紙筆版の潜在連合テストによって潜在的自尊感情を測定し,顕在的自尊感情尺度,他者軽視に基づく仮想的有能感尺度を実施した。また研究2では,大学生155名を対象に,パーソナルコンピュータ上の潜在連合テストによって潜在的自尊感情を測定し,顕在的自尊感情尺度,仮想的有能感尺度を実施した。2つの研究ではほぼ同じ結果が再現された。まず第1に,仮想的有能感は顕在的自尊感情とは有意な関連がみられないが,潜在的自尊感情とは有意な正の相関関係にあった。また第2に,顕在的自尊感情が低く潜在的自尊感情が高い者が,もっとも他者軽視を行う傾向にあることが示された。

Two studies examined the relationships among assumed competence based on undervaluing others, implicit self-esteem, and explicit self-esteem. In Study 1, 119 university students completed paper-and-pencil version of Implicit Association Test (IAT) to measure their implicit self-esteem, in addition to scales of self-esteem and assumed competence. In Study 2, 155 university students completed computer-based IAT to measure their implicit self-esteem. Two basic findings emerged from the studies. First, assumed competence had a positive correlation with implicit self-esteem, although it had no significant correlation with explicit self-esteem. Second, people with low explicit and high implicit self-esteem showed a higher level of undervaluing others than the other groups.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 17(3), 250-260, 2009

    日本パーソナリティ心理学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000138183
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    10357927
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ