Office Open XMLに対する長期署名の付与 Application of the Long Term Signature to Office Open XML files

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

研究成果などの知的財産管理の手段として,電子署名とタイムスタンプ技術を基礎とした長期署名の応用が注目されている.本研究では,研究の過程で頻繁に利用される,オフィス系アプリケーションに対応した長期署名の付与方法を提案する.対象とするフォーマットは,マイクロソフト社のOffice 2007に採用されている,Open Office XML(OOXML)とした.長期署名フォーマットには,XMLで記述されるXAdESを採用した.OOXMLへのXAdESの実装として,標準長期署名と拡張長期署名と呼ぶ二種類の方法を提案した.前者はOOXMLで規定するXML署名のファイルに長期署名に関する記述を含める形式であり,後者は独立したファイルに記述する形式である.双方とも,OOXMLとXAdESの仕様を逸脱するものではない.この二種類の長期署名を,Office 2007が生成するOOXMLファイルに付与するアプリケーションを開発した.長期署名付きファイルをOffice 2007で開いた結果,拡張長期署名はXML署名としての検証には成功するのに対し,標準長期署名は失敗することが確認された.XML長期署名としては,標準長期署名の方がより一般的な実装方法であり,OOXMLにおいて長期署名を付与する書式を明らかにするとともに,Office 2007によるOOXMLの解釈にも対処が必要であることが示唆された.

The long term signature (LTS) is composed of an electronic signature and timestamp and it may be an effective technology for protecting intellectual property. This study describes a method of applying LTSs to files generated by office applications. The targeted files are in Open Office XML (OOXML) and are opened by MS Office 2007. XML LTS is described in XAdES format. Two types of LTS, that is, standard LTS and expanded LTS, can be used to apply XAdES to OOXML. The standard format involves a LTS description in a XML signature file that is defined by OOXML. The expanded format separates the LTS description from the XML signature file. Both formats satisfy the OOXML and XAdES specifications. As a result of reading two XAdES signature word processing files by using Office 2007, the file with the expanded LTS was recognized as a valid file with an XML signature, whereas the file with the standard LTS was not.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌

    情報知識学会誌 20(1), 1-14, 2010

    情報知識学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000150340
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0917-1436
  • NDL 記事登録ID
    10633221
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ