振り込め詐欺への神経科学からのアプローチ BANK TRANSFER FRAUD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 永岑 光恵 NAGAMINE Mitsue
    • 防衛大学校人間文化学科|玉川大学脳科学研究所|JST/RISTEX National Defense Academy, Department of Humanities|Tamagawa University, Brain Science Institute|JST/RISTEX
    • 原 塑 HARA Saku
    • 玉川大学脳科学研究所|JST/RISTEX Tamagawa University, Brain Science Institute|JST/RISTEX
    • 信原 幸弘 NOBUHARA Yukihiro
    • JST/RISTEX|東京大学大学院総合文化研究科 JST/RISTEX|The University of Tokyo, Graduate School of Arts and Sciences, Dept. of Basic Science

抄録

少子高齢化は将来の日本社会を大きく規定する要因であり,ここから生じる諸問題を解決する社会技術の開発は緊急の課題である.基礎科学として発展してきた神経科学も少子高齢化に対応する社会技術として活用されなければならない.そこで,神経科学の社会技術的応用可能性を検討する先駆的試みとして,神経科学的観点から高齢化社会の問題,特に振り込め詐欺の認知上の原因を分析する.振り込め詐欺のうち,オレオレ詐欺,還付金詐欺の被害が最も深刻だが,この被害者の大部分が中高齢者である.中高齢者の意思決定は加齢により自動化していくが,このことが詐欺に対する高齢者の脆弱性の原因となっている.そこで,中高齢者の意思決定上の特徴を考慮して,振り込め詐欺の防止策を提案する.

A declining birth rate and aging population largely determine the future of Japanese society. Practical skills must be developed to solve problems resulting from ultra-aging by means of scientific knowledge including neuroscience. In this article, we shall review recent neuroscientific studies to explain why many aged people tend to fall prey to deceptions such as bank transfer fraud. Since neural mechanisms underlying deliberative decision making function poorly in aged brain, old people tend to decide automatically. This is why some old people are poor decision-makers. At the end, we shall propose some political treatments to protect old people from deceptions in view of their styles of decision making.

収録刊行物

  • 社会技術研究論文集

    社会技術研究論文集 6, 177-186, 2009

    社会技術研究会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000263204
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1349-0184
  • NDL 記事登録ID
    10590820
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-L593
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ