人は失恋によって成長するのか  ‐‐コーピングと心理的離脱が首尾一貫感覚に及ぼす影響 Do People Mature after Romantic Break-ups?: The Effects of Coping Strategies and Psychological Detachment on Sense of Coherence

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,失恋に対するコーピング(未練型,拒絶型,回避型)が,失恋相手からの心理的離脱を介して,成熟性としての首尾一貫感覚(Antonovsky, 1979, 1987)を予測するという仮説を検証することであった。過去1年以内に失恋を経験した大学生114名(男性60名,女性54名)を分析対象とした。対象者は,最近経験した失恋に対するコーピング,失恋相手からの心理的離脱,人生の志向性に関する質問票(首尾一貫感覚)の各尺度に回答した。構造方程式モデリングによる分析の結果,(a) 心理的離脱は首尾一貫感覚を直接的に向上させ,(b) 心理的離脱を介して,未練型コーピングは首尾一貫感覚を低下させる一方,回避型コーピングは首尾一貫感覚を向上させ,(c) 拒絶型コーピングは首尾一貫感覚を直接的に低下させることが示された。以上の結果から,失恋および継続中の恋愛関係と,成熟性としての首尾一貫感覚との関連性が議論された。

This study investigated how different coping strategies for romantic break-ups (regretted, rejected, and avoidant coping) and the psychological detachment from the ex-romantic partners affect the sense of coherence (SOC; Antonovsky, 1979, 1987), which is an aspect of mental maturity. Undergraduates (60 males, 54 females) who had experienced romantic break-ups in the past year completed a questionnaire including stress coping for recent romantic break-ups, psychological detachment from ex-romantic partners, and the Orientation to Life Questionnaire (SOC scale). Structural equation modeling suggested that psychological detachment from ex-romantic partners directly increased SOC. There were also mediating effects related to coping strategies. Regretted and rejected coping strategies decreased SOC, whereas avoidant coping strategies increased SOC.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 18(2), 129-139, 2010

    日本パーソナリティ心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000263827
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13488406
  • NDL 記事登録ID
    10566842
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ