労働価値観測定尺度(短縮版)の開発 Development of the short version of the Work Values Scale

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,使用が簡便な労働価値観測定尺度短縮版の開発を目的として行ったものである。開発にはこれまでに蓄積された全データ(<i>n</i>=720,平均年齢41. 4歳±13. 3,18~74歳)を使用した。労働価値観測定尺度の原版(38項目版)の探索的因子分析の結果に基づき,因子負荷量が高い3項目が短縮版の項目として選択された。短縮版の下位尺度はいずれも高い内的一貫性を示した(α=.814~.878)。いずれの下位尺度についても,労働価値観測定尺度の原版(38項目版)と短縮版の間に高い相関係数が示され(<i>r</i>=.906~.976),基準関連妥当性は支持された。また,検証的因子分析でもモデルの高い適合度が示され(GFI=.929, AGFI=.902, CFI=.953, RMSEA=.056),因子的妥当性が支持された。以上の結果から,短縮版はより少ない項目数で38項目版と同様の構成概念を測定できることが示唆された。<br>

The purpose of the present study was to develop a short version of the Work Values Scale that would be easier to administer. Data were collected (<i>n</i>=720, mean: 41.4 years±13.3, range: 18-74 years) for the development of this short version. Based on the results of an exploratory factor analysis of the original version, the highest loading three items from each subscale were selected to compose the short version. The internal consistency of the subscales of the short version proved to be adequate (α=.814-.878). The subscales of the short version showed significantly high correlations with their counterparts of the original version (<i>r</i>=.906-.976), and they also demonstrated criterion-related validity. Furthermore, a confirmatory factor analysis indicated high goodness of fit (GFI=.929, AGFI=.902, CFI=.953, RMSEA=.056), supporting structural validity. From our analyses, it was apparent that the short version of the Work Values Scale could measure the constructive concept of work values adequately with fewer items.<br>

収録刊行物

  • 実験社会心理学研究

    実験社会心理学研究 49(1), 84-92, 2009

    日本グループ・ダイナミックス学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000303164
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00104794
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0387-7973
  • NDL 記事登録ID
    10324737
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z6-716
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ