ジャストインタイムの社会的影響に対する一考察 A Consideration for Social Effects of Just In Time System

この論文にアクセスする

著者

抄録

ジャストインタイム(JIT)は,「必要なものを,必要なときに,必要なだけ生産する」思想として,特にものづくりの分野で,高品質,低価格,迅速な生産を実現する上で,大きな影響を与えてきた。自動車業界において,JIT 生産システムを採用した企業が世界の頂点を極めた。さらに,JIT はものづくりの分野に限らず,先端技術を応用した製品,サービスや社会システムなど,様々な分野に応用されている。本研究では,JIT の観点で必要とされるであろう,製品やサービスなどに関して紹介し,JIT の応用分野や今後の発展性に関して説明する。さらに,JIT を推し進めることで,今後顕在化するであろう,社会的な問題に関しても言及する。

As a philosophy “which produces the necessary product in the necessary quantity at the necessary time”, especially, Just-In-Time (JIT) has had big influence on realizing high quality, low prices and quick production in the field of manufacturing. In the automobile industry, the Japanese company which adopted the JIT production system has reached the top in the world. Furthermore, JIT is applied to various fields not only manufacturing but such as a high technology product, service and social system. In this research, by introducing products and services to be needed in the viewpoint of JIT, and the applicable field of JIT and its future potential are explained. We also refer to social problems which will be tangible from now on by promoting JIT.

収録刊行物

  • 日本経営診断学会論集

    日本経営診断学会論集 9(0), 98-102, 2010

    日本経営診断学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000423970
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1883-4930
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ