シャトル・レーダー・トポグラフィー・ミッション (SRTM) アフリカデータ:北ケニア半乾燥地域の諸研究への応用 Shuttle Radar Topography Mission (SRTM) Data for Africa:Potential Applications to Research in the Semi-arid Regions of Northern Kenya

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 平野 聡 HIRANO Akira
    • 筑波大学大学院人文社会科学研究科 Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba
    • 孫 暁剛 SUN Xiaogang
    • 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 Graduate School of Asian and African Studies, Kyoto University
    • 佐藤 俊 SATO Shun
    • 筑波大学大学院人文社会科学研究科 Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba

Abstract

現在, シャトル・レーダー・トポグラフィー・ミッション (SRTM) による全地球規模の最新地形データの公開が進められている。本研究の目的は, SRTMとその成果を簡単に紹介し, 北ケニア半乾燥地域の諸研究への応用例を提言することである。SRTMは米国航空宇宙局 (NASA) と国防総省の傘下にある国家地理空間情報局 (NGA) との共同で行われた。プロジェクトは北緯60度と南緯56度の間にある全陸地の高分解能でつなぎ目のないデジタル標高モデル (DEM) を作成することであった。米国以外の全世界で経緯度方向に3秒 (90m相当) 間隔のDEMが公開される。成果地形データの水平および高さ方向の予定誤差はそれぞれ20mと15mとなっている。2004年10月現在までに, アフリカでは大陸全体の予備データの公開が終わっており, 最終プロダクトも間もなく公開される予定である。正確で信頼性の高い最新の地形データは, 政策上, 迅速かつ適切な意思決定のためには必要不可欠である。ケニア北部に広がる半乾燥地域においては, このようなデータは現在まで入手困難であった。SRTM予備データから得られる情報をもとに評価を行った結果, この地域において基盤地図データの整備, 地理情報の視覚化, 自然環境のモデリング, 遊牧民研究といった領域でのSRTMデータの応用が提言できた。

A new breed of digital topographic data for the entire world is now becoming available to the public from the Shuttle Radar Topography Mission (SRTM). The purpose of this study is to provide a brief introduction of the SRTM, and to advocate its potential use in the semi-arid regions of northern Kenya. The SRTM is a cooperative project between the U. S. National Aeronautics and Space Administration (NASA) and the National Geospatial-Intelligence Agency (NGA) of the U. S. Department of Defense. The mission was designed to produce a seamless, high-resolution digital elevation model (DEM) of the Earth's land surface between approximately 60 degrees north and 56 degrees south latitude. DEMs with 3-arc second (90 meters) spacing for the entire world, outside the U. S., are to be provided. The planned horizontal and vertical accuracy of the data are approximately 20 meters and 15 meters, respectively. As of October 2004, preliminary data for the whole African continent are readily available and the final products are on their way. Accurate, reliable and up-to-date topographic data are essential for sound spatial decision support. Until now, such data with an adequate scale and currency have not been available for much of the semi-arid regions of northern Kenya. Results from the assessment of the preliminary data indicate that these new topographic data would have potential applications in topographic mapping, geospatial data visualization, environmental modeling, and the study of the nomads in North Kenya.

Journal

  • Journal of African Studies

    Journal of African Studies 2004(65), 37-44, 2004

    Japan Association for African Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000730562
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0001203X
  • Text Lang
    UNK
  • ISSN
    0065-4140
  • NDL Article ID
    7290900
  • NDL Source Classification
    ZG77(歴史・地理--アジア・アフリカ--アフリカ)
  • NDL Call No.
    Z8-35
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top