水田かんがいによる茶園流出水中の硝酸性窒素の除去  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

茶園が集積している静岡県中部の牧ノ原台地にモデル地域を設定して,小河川流域ごとの硝酸性窒素流出量とその下流に分布する水田を活用した場合の除去可能量を検討した。<BR>水田かんがい期間に水田で除去される硝酸性窒素量は,流出量に対して水田面積の小さい海岸低地部で3~51%であったが,内陸部では流出量に匹敵していた。<BR>休耕田に設置した通年かけ流し湛水試験区で得られた硝酸性窒素除去能に基づいて,非作付期に水田かんがいを実施した場合の除去可能量を算出した。その結果,除去可能量が多くの流域で流出量を上回った。

Journal

  • Chagyo Kenkyu Hokoku (Tea Research Journal)

    Chagyo Kenkyu Hokoku (Tea Research Journal) 2005(100), 117-120, 2005

    Japanese Society of Tea Science and Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000732552
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00143344
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • ISSN
    0366-6190
  • NDL Article ID
    7825764
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-1171
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top