緬羊における類似色の識別能力 Ability to Discriminate between Similar Colors in Sheep

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

緬羊における色の識別能力のうち,特に類似色をどの程度まで識別できるかを明らかにすることを目的とした.供試羊は双子のコリデール種去勢羊を用い,正刺激側のスイッチを押すと飼料が与えられるスキナー箱を自作して2色の同時弁別実験を行なった.草の色を想定して緑を正刺激とし,黄および青から徐々に緑に近付けた計7色を負刺激としてそれぞれ識別させた.各課題とも1セッション30試行とし,20セッションまで行なった.各試行ごとにおける左右のカードの交換は乱数表に基づいて行なった.x2検定により1セッション21試行以上の正解(P<0.05)を基準とし,その基準に3回連続到達した時点でその色を識別したとみなした.結果は,黄から近付けた緑に最も近い色との対比において1頭が,また,青から近付けた緑に最も近い色との対比において2頭ともが,それぞれ識別不能と判断された他は,全ての組合せにおいて識別できるものと判断できた.以上から緬羊の色覚はかなり発達しているものと思われ,色による条件付け学習を利用した管理技術の開発の可能性が示唆された.

An experiment was carried out in order to clarify the color perception in sheep. Twin Corridale lambs were trained using an operant conditioning technique to press a switch under the positive stimulus color card in order to receive feed as a reward. They were tested to, discriminate between green and seven kinds of color, which were created by gradating blue and yellow into green. The luminosity of all colors was the same. The lambs succeeded in all discrimination tests but the most similar color combination.

収録刊行物

  • 日本畜産学会報

    日本畜産学会報 60(9), 880-884, 1989

    公益社団法人 日本畜産学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000751376
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195188
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1346-907X
  • NDL 記事登録ID
    3249596
  • NDL 刊行物分類
    RB85(畜産--家畜--羊)
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-348
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ