心拡大,高度浮腫を伴つた急性多発性神経炎(続報)その疫学ならびに成因としてのビタミンB<sub>1</sub>欠乏症 ACUTE POLYNEURITIS WITH CARDIAC ENLARGEMENT AND SEVER EDEMA. EPIDEMIOLGICAL STUDY AND VITAMIN B<sub>1</sub> DEFICIENCY AS ITS PATHOGENESIS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近多発した浮腫を伴う急性多発性神経炎25例につき,発生頻度ならびに成因について検討した.年次別にみると昭和48年以後年ごとに多発する傾向があり,春から初秋にかけて発症することが多く,とくに若年男性に多い.食事は全例白米食で,強化米はなく,インスタント食品の多食,高糖質,低VB<sub>1</sub>の清凉飲料水の多飲が目立つた.又発症時激しい運動をしているものが多かつた.詳細に検討した2症例において血中B<sub>1</sub>濃度はやや低値,乳酸,ピルビン酸濃度はやや高値,平日ならびにB<sub>1</sub>負荷時の尿中B<sub>1</sub>排泄量は明らかな低値を示した.さらにB<sub>1</sub>投与が特異的に症状改善をもたらす所などから,本症が脚気neuropathyであることを明らかにした.末梢神経は軸索変性を示し,とくに初期には特異な管状構造物が軸索内に多数出現した.有髄線維に比し,無髄線維の変化は軽度であつた.最近脚気が増加し始めたことは,本邦栄養食品に何らかの欠陥が生じ始めたことを示すものである.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 65(3), 256-262, 1976

    一般社団法人 日本内科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000889987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-5384
  • NDL 記事登録ID
    1703265
  • NDL 刊行物分類
    SC351(精神神経科学)
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ