ホルター心電図法における虚血ST‐T変化と体位変換ST‐T変化の鑑別に関する研究  [in Japanese] STUDIES ON DISCRIMINATION BETWEEN ISCHEMIC AND POSTURAL ST-T CHANGES IN AMBULATORY ELECTROCARDIOGRAPHIC MONITORING  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

試作体位センサーによる体位情報とホルター心電図との同時記録から,虚血ST-T変化と体位ST-T変化との鑑別を試みた.対象は陳旧性心筋梗塞(OMI) 16名,狭心症(AP) 16名,健常例11名の計43名であつた.虚血ST変化はOMIで3/21件(14%), APで29/35 (83%)とAPに多く,体位ST変化はOMIで13/21 (62%), APで5/35 (14%)とOMIに多かつた.最大ST変化に至る時間は体位ST変化では10秒以内が18/25 (72%)と大多数を占めたのに対し,虚血ST変化では1分以上が28/32 (88%)と大多数を占めた.体位T変化についても10秒以内が15/18 (83%)と大多数を占めたのに対し,虚血T変化では10秒以内はわずか2/13 (15%)ときわめて少なかつた. CM<sub>5</sub>誘導における体位ST変化の20/22 (91%), T変化の19/21 (90%)は体位変換前後で標準12誘導心電図のV<sub>4</sub>, V<sub>5</sub>, V<sub>6</sub>のいずれかに対応して変化した.すなわち,これらの変化の原因は心軸回転で説明可能であつた.しかし,体位ST-T変化のうちST変化で2/22 (9%), T変化で2/21 (10%)は心軸回転で説明不能であつた. ST-T変化前に対する変化後の心拍数増加率(HR比)は虚血ST-T変化では高値例が多く,体位ST-T変化では少なかつた.とくにT変化でHR比1.3以上は虚血T変化の12/16 (75%)に対し,体位T変化では3/21 (14%)ときわめて少なかつた.以上より,ホルター心電図法の体位ST-T変化の虚血ST-T変化に対する鑑別点として, (1)ST-T丁変化の最大に至る時間, (2)標準12誘導心電図との比較, (3)心拍数増加の有無などの検討が重要と考えられた.

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 73(3), 323-331, 1984

    The Japanese Society of Internal Medicine

Cited by:  2

  • 携帯心電図に関する日本心電学会ステートメント  [in Japanese]

    早川 弘一 , 田邉 晃久 , 児玉 逸雄 , 相澤 義房 , 大江 透 , 笠貫 宏 , 岸田 浩 , 長嶋 正實 , 加藤 貴雄 , 井上 博 , 小川 聡 , 大塚 邦明 , 鎌倉 史郎 , 犀川 哲典 , 池田 隆徳 , 鎌田 弘之 , 草間 芳樹 , 高瀬 凡平 , 早野 順一郎 , 松田 直樹 , 渡邉 英一 , 笠尾 昌史 , 久保 豊 , 佐藤 恭子 , 高柳 寛 , 福士 広通 , 八島 正明 , 吉岡 公一郎

    Japanese Journal of Electrocardiology 26(6), 871-937, 2006-11-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (268) Cited by (7)

  • Measurement and Evaluation of Working Posture  [in Japanese]

    KOBAYASHI Kyou

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(4), 90-94, 1998-07-01

    J-STAGE  References (9) Cited by (4)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000891417
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0021-5384
  • Data Source
    CJPref  J-STAGE 
Page Top