褐色細胞腫患者のNa負荷量の変化に対する尿中および血中カテコールアミン値の反応  [in Japanese] The effect of changes in sodium load on plasma and urinary catecholamine in a patient with uncomplicated pheochromocytoma.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

褐色細胞腫の1例において, 1日食塩摂取量を増減し,高塩期および低塩期において尿中ノルエピネフリン(U-NE),尿中エピネフリン(U-E)の1日排泄量を測定した.又各期で生食点滴静注(1<i>l</i>/2hours),フロセマイド40mg静注負荷を行ない,それぞれ血漿ノルエピネフリン(P-NE),血漿エピネフリン(P-E)および血圧を経時的に測定した. U-NEは高塩期787±94ug/日に比し,低塩期1520±336μg/日と高値を呈した.生食負荷により, P-NEは低下した(低塩期では負荷前4741pg/ml,後120分値1854pg/m1).フロセマイドにより血圧, P-NEは低塩期で著明に上昇した.以上より,褐色細胞腫患者においても, Naおよび体液量の変化に対し,尿中および血中カテコールアミンはよく反応することが示唆された.

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 75(12), 1741-1745, 1986

    The Japanese Society of Internal Medicine

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000901802
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0021-5384
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top