<I>Lactobacillus salivarius</I> TI 2711 (LS 1) の服用が臨床症状およびプラーク中の歯周病原菌に及ぼす効果  [in Japanese] Effect of Oral <I>Lactobacillus salivarius</I> TI 2711 (LS 1) Administration on Periodontal Status and Periodontopathic Bacteria in Subgingival plaque  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 松岡 隆史 Matsuoka Takashi
    • 株式会社 フレンテ·インターナショナル|東海大学医学部感染症研究室 Frente International Co., Ltd.|Laboratory for Infectious Diseases, Tokai University School of Medicine
    • 菅野 直之 Sugano Naoyuki
    • 日本大学歯学部歯周病学講座|日本大学歯学部総合歯学研究所高度先端医療研究部門 Department of Periodontology, Nihon University School of Dentistry|Division of Advanced Dental Treatment, Dental Reseach Center, Nihon University School of Dentistry
    • 伊藤 公一 Ito Koichi
    • 日本大学歯学部歯周病学講座|日本大学歯学部総合歯学研究所高度先端医療研究部門 Department of Periodontology, Nihon University School of Dentistry|Division of Advanced Dental Treatment, Dental Reseach Center, Nihon University School of Dentistry

Abstract

乳酸菌<I>Lactobacillus salivarius</I> TI 2711 (LS 1) のプロバイオティクスとしての効果を検討するために, LS 1服用が歯肉縁下プラーク中の歯周病原菌および歯周組織の臨床症状に与える影響について検討した。<BR>総数30名の被験者にLS 1含有の錠菓またはプラセボ錠菓を1日3錠4週間服用させ (1錠当たりLS 1 6.6×10<SUP>7</SUP>CFU), 服用期間前後の歯肉縁下プラークを採取し, 試料とした。試料中に含まれる歯周病原菌の菌数はリアルタイムPCRで測定し, 総菌数に占める割合を算出した。ついで, 試料中の<I>L. salivarius</I>をPCRで検出した。また, 歯肉縁下プラーク採取時に, 臨床パラメータとして歯周ポケット深さ (PD), プロービング時の出血 (BOP) およびプラークコントロールレコード (PCR) を記録した。その結果, LS 1服用により歯肉縁下プラーク中の総菌数中に占める<I>Porphyromonas gingivalis</I>の割合は平均で1.1×10<SUP>−2</SUP>から1.3×10<SUP>−3</SUP>へと有意 (P=0.01) に減少した。歯肉縁下プラーク中の<I>L. salivarius</I>は, LS 1服用者の全員 (11名) から検出されたが, プラセボ服用者からは検出されなかった。また, LS 1服用群プラセボ服用群共にBOP, PD, PCRで有意な減少が認められたが, 各臨床パラメーターの減少率を比較するとLS 1服用群においては, BOP, 最大PDおよびPCRの減少率が大となる傾向が見られた。<BR>本結果から, LS 1は歯肉縁下プラーク中へと移行し, <I>P. gingivalis</I>を有意に減少させるとともに, 歯周病の臨床症状を改善する傾向が認められた。すなわち, LS 1は口腔内のフローラコントロールを可能とするプロバイオティクスであることが示された。今後, プロバイオティクスを用いた生物的プラークコントロールが新しい歯周病予防法になるものと期待される。

To determine the effect of probiotics on periodontal status, <I>Lactobacillus salivarius</I> TI 2711 (LS 1) was orally administered to 30 volunteers. Subjects were divided into experimental and control (placebo) groups. The experimental group took 2×10<SUP>8</SUP> CFU LS 1 a day for 4 weeks. Before and after LS 1 administration, subgingival plaque was collected from periodontal pockets to determine the number of pathogenic bacteria using real-time PCR. <I>Porphyromonas gingivalis</I> decreased significantly from 1.1×10<SUP>−2</SUP> to 1.3×10<SUP>−3</SUP> (P=0.01) after LS 1 administration. LS 1 was detected in all samples from the experimental group, but not in those from the control group, indicating that LS 1 is transmitted into subgingival plaque and decreases <I>P. gingivalis</I>. In evaluating clinical parameters such as probing depth, bleeding on probing and plaque control record, we found more improvement in the experimental group than in the control group. This data suggests that LS 1 is an effective probiotic in preventing periodontal disease.

Journal

  • Nihon Shishubyo Gakkai Kaishi (Journal of the Japanese Society of Periodontology)

    Nihon Shishubyo Gakkai Kaishi (Journal of the Japanese Society of Periodontology) 47(3), 194-202, 2005

    JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY

Cited by:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130000902625
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0385-0110
  • Data Source
    CJPref  J-STAGE 
Page Top