地球外天体衝突による大量絶滅―なぜ白亜紀/古第三紀境界だけで起きたのか?― Mass extinction caused by extraterrestrial impact: Why did it occur only at the Cretaceous/Paleogene boundary?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 後藤 和久 Goto Kazuhisa
    • 千葉工業大学 惑星探査研究センター Planetary Exploration Research Center, Chiba Institute of Technology

抄録

過去30年にわたって,天体衝突と顕生代における大量絶滅の関係を探る研究が行われてきた.しかし,両者の明らかな関係が見出せるのは,いまだに約6550万年前の白亜紀/古第三紀(K/Pg)境界だけである.本研究では,地質学的証拠,地球近傍天体観測データに基づく天体衝突頻度の推定,および月面のクレーターサイズや形成史などの最新の研究を総合的に検討した.その結果,K/Pg境界での天体衝突の規模は,5~10億年に1度程度の頻度の超大規模衝突だった可能性があり,K/Pg境界以外の絶滅境界で天体衝突の明らかな痕跡が見つからないという地質学的証拠とは矛盾しない.一方,K/Pg境界での天体衝突による大量絶滅のメカニズムについては,いまだに十分解明されていない.この理由のひとつは,衝突クレーターそのものに関する地質学的研究が乏しいことである.衝突現象の実態解明のために,衝突クレーター掘削計画の早期実現が望まれる.

In the past 30 years, many researchers have investigated the relationship between extraterrestrial impacts and mass extinction events of the Phanerozoic. Nevertheless, such a relationship has only been confirmed for the Cretaceous/Paleogene (K/Pg) boundary at 65.5 Ma. Here, we review existing geological evidence for impact events during the Phanerozoic, recent advances in studies of impact frequency, and the distribution of crater size on the Moon. We conclude that the magnitude of the K/Pg boundary impact was exceptionally large among Phanerozoic events, and may have been a once in 500-1000 Myr event. The mechanism of extinction at the K/Pg boundary, associated with extraterrestrial impact, remains poorly understood, in part because the size and formation process of the impact crater (Chicxulub Crater) are poorly constrained. The recovery of drillcore from within the crater is required to clarify the mechanism of the K/Pg mass extinction.

収録刊行物

  • 地質学雑誌

    地質学雑誌 117(4), 193-203, 2011

    一般社団法人 日本地質学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130000953862
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00141768
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0016-7630
  • NDL 記事登録ID
    11101647
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-174
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ