震度曝露人口による活断層の地震リスク評価 Seismic Risk Assessment of Active Faults in Japan in Terms of Population Exposure to Seismic Intensity

Access this Article

Author(s)

Abstract

地震調査研究推進本部により全国地震動予測地図が公表されている。地震ハザード情報の理解と活用を促進するには、地震リスク情報への変換が重要となる。本研究は、防災科学技術研究所の地震ハザードステーション(J-SHIS)による公開データに基づいて、全国の内陸地殻内地震(主要活断層帯154断層およびその他の活断層179断層に発生する固有地震)による地震リスクを簡易的に比較評価したものである。まず、距離減衰式に基づく地震動予測(簡易法)における予測式のばらつきを考慮した震度曝露人口の推計方法を提案し、各断層帯に適用して網羅的に震度曝露人口の推計結果を得た。計333断層の震度曝露人口と地震発生確率との関係を「P-PEX関係」として表し、これに基づいて地震リスクカーブを求めた。さらに、切迫度と影響度の重視度合いを連続的に考慮可能な一般化リスク指標を定義し、任意のリスク認知的傾向に対するリスクランキングを構成した。

This study evaluates and compares seismic risks associated with inland crustal earthquakes in Japan on the basis of published data available on the Japan Seismic Hazard Information Station (J-SHIS). First, taking account of prediction uncertainty of the attenuation law of seismic intensity, the evaluation method for population exposure (PEX) to seismic intensity is presented. The method is applied to 333 seismic events potentially caused by main active faults (154 cases) and other active faults (179 cases). The relationship between population exposure and the probability of occurrence of seismic events ("P-PEX relation") and the resultant seismic risk curves are obtained. Generalized risk index which incorporates the effects of focusing on urgency (probability) or significance (PEX) is defined, producing various risk rankings of active faults.

Journal

  • Journal of Japan Association for Earthquake Engineering

    Journal of Japan Association for Earthquake Engineering 10(2), 22-40, 2010

    JAPAN ASSOCIATION FOR EARTHQUAKE ENGINEERING

Codes

Page Top