亜鉛製錬所従業員のカドミウム特殊健康診断成績の検討:第2報 尿中Cd量測定成績 Cadmium Exposure in Zinc Refinery Workers:2. Urinary Cadmium Excretion

Access this Article

Author(s)

Abstract

亜鉛製錬所全従業員1398人のCd特殊健診第2次健診として,第1次健診成績をもとに抽出した214人(男181女33)の尿中Cd量の,測定を行ない,成績の検討をした。その主なる所見は以下のごとくであった。<br>1)対象集団の尿Cd量の中央値は男4.7μg/<i>l</i>,女4.1μg/<i>l</i>であった。10μg/<i>l</i>以上のCd量を示すものは男29人(16%),女5人(15.2%)であった。<br>2) 職場環境としての気中Cd濃度は昭和46年では高濃度職場でも0.024mg/m<sup>3</sup>と許容濃度以下であるが, 44年時の測定では最高0.73mg/m<sup>3</sup>で許容濃度を超えている職場が多くあった。<br>3) 職域群別分類で尿中Cd量を比較するとき製錬2課(群V)と,その下請作業者(群VI)および退職者(Cd作業経歴者)は他群に比し高値を示す傾向にある。<br>4) Cd作業者の作業従事年数と尿中Cd量間には, <i>r</i>=0.330と低度ながら有意の相関々係を認めた(<i>P</i><0.01) 10μg/<i>l</i>以上のCd量を示すものは勤続2年の女1例を除いてはいずれも3年以上の勤続者である。また, Cd作業者について10μg/<i>l</i>以上の排泄者をみるとき,従事期間5年を境に出現率は有意に高率となる(<i>P</i><0.01)。<br>5) 10μg/<i>l</i>以上のCd量を示すものは,それ以下の群に比して自覚的愁訴が全般的に多い。両者間で統計的に有意差を認める愁訴としては「よく手足がつる」「下痢をし易い」「耳鳴りがする」「腰痛」の, 4項目がある。<br>6) 内科精密検診対象者としてCd 1日排泄量20μg以上の9人を選定した。これらは,いずれも何らかの所見を有するが,そのうち3例については慢性Cd中毒の検討対象としては,除外できることが検討会で承認された。不受診者1例を除いた残り5例は継続観察が必要である。なお,これら9例は全てCd作業者またはその経歴者である。<br>内科精検所見の一部引用を,こころよく御了承下さった,本学第一内科学教室主任,小林節雄教授に深謝します。

From the examinees in the previous report, 214 (181 males and 33 females) were screened by the first examination, and their urinary Cd excretion was determined.<br>The median value was 4.7μg/<i>l</i> in males and 4.1μg/<i>l</i> in females. It was above 10μg/<i>l</i> in 29 males (16.0%) and females (15.2%).<br>The physical complaints were generally more frequent in those excreting more than 10μg/<i>l</i> in those excreting less; and “leg cramps” “tinnitus”, “diarrhea” and “low back pain” were significantly more frequent (P<0.01).<br>A significant correlation was also found, though of low degree, between urinary Cd excretion and years of work (r=0.330, P<0.01). Almost all those excreting more than 10μg/<i>l</i> had worked with Cd.<br>The concentration of Cd as dust in the air of the work room in 1972 was under 0.2mg/m<sup>3</sup> at the maximum, or well under the threshold value. In 1967 we recorded 0.73mg/m<sup>3</sup>, though we don't have any previous data, it was higher than in 1972.

Journal

  • Nippon Eiseigaku Zasshi (Japanese Journal of Hygiene)

    Nippon Eiseigaku Zasshi (Japanese Journal of Hygiene) 28(2), 294-301, 1973

    The Japanese Society for Hygiene

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130001000434
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00185923
  • Text Lang
    UNK
  • ISSN
    0021-5082
  • NDL Article ID
    7603553
  • NDL Source Classification
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL Call No.
    Z19-194
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top