サゴでんぷんのかっ変に関与するポリフェノール化合物  [in Japanese] Polyphenolic compounds related to browning of sago starch.  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

サゴ澱粉の着色機構の解明,着色防止方法の開発を目的とし,サゴヤシ髄のポリフェノール化合物の解明を行った.<br> メタノールで抽出されたポリフェノール化合物をペーパークロマトグラフィーで調べたところ,少なくとも9種類のポリフェノール化合物を検出した.このうち2種類が強く, 1種類が弱く酸化酵素処理で呈色した.<br> この3種類のポリフェノール化合物を単離し構造を解析したところ, DL-エピカテキン, D-カテキンおよびプロシアニジンであることが判明した.<br> それぞれの化合物を粗酵素液と反応させ,反応の前と後との差スペクトルを測定したところ, DL-エピカテキンとD-カテキンでは可視部に吸収が現れた.<br> 以上のことより,サゴヤシ髄の褐変,サゴ澱粉の着色は,主にDL-エピカテキン, D-カテキンが酵素酸化を受け,着色物質を生成するために起こることが明らかになつた.<br> 本研究は筑波大学熱帯農林資源特別プロジェクトの-部として行われ,研究の概要は第3回国際サゴヤシ・シンポジウム(昭和60年5月,東京)で発表した.

Phenolic substances in the pith of sago palm were studied to examine the cause of browning of sago starch. Three kinds of phenolic compounds were isolated from the pith by solvent extraction and Sephadex LH-20 column chromatography. They were identified as DL-epicatechin, D-catechin and procyanidin by physicochemical and spectral analyses. DL-epicatechin and D-catechin produced colored substances by oxidation with enzymes prepared from sago palm.

Journal

  • Nippon Nōgeikagaku Kaishi

    Nippon Nōgeikagaku Kaishi 59(12), 1257-1261, 1985

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130001221878
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00196191
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0002-1407
  • NDL Article ID
    3057699
  • NDL Source Classification
    PA91(糖・でん粉)
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-335
  • Data Source
    CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top